不動産を売ることになった時に必要な書類の数々

この記事をシェアする
B!

手持ちの不動産を売るときにしなくてはいけない手続きとは

自分で所有している不動産を売却する

ある程度働いて年齢がいったり家族が増えたりすると自分の家を新しく建てたり、マンションに住みたくなって分譲マンションを購入するとか何かしら不動産を持つことになるものかと思います。
しかし何らかの事情があって持っている不動産を売却することになった場合に普段の生活ではなかなか気が付かないことですが、非常に面倒な手続きが多くて結構大変なことになります。
家を建てたり購入した時も数多くの書類が必要だったかと思いますが、売却する時にももちろんですが多くの書類を用意する必要があり手続きのために必要になります。
もちろん大抵の場合仲介業者にお願いすることが多いので売却することを告知するまでは簡単なのですが買い手がついてからの手続きが大変で骨の折れる作業になります。

売却には結構面倒な手続きがたくさんある

不動産を売却するまでの主な流れですが、まず仲介業者に依頼をして自分の不動産の査定をしてもらうことになります。
査定額が決まって納得のできる価格であれば媒介契約を仲介業者と結んで告知を出すことになります。
そして買い手がつくのを待つことになりますが、買い手がつくまでには結構な時間がかかりなすので辛抱して待つことが大事です。
そして買い手が現れたら売買契約を結んで売却、支払、引き渡しという流れになってきます。
買い手がつくまでに大切なこととしては物件情報をなるだけ正確に開示することが最も大事で後々売却となった時に情報に瑕疵が生じると問題になるので注意することが必要です。
あと売買契約を結ぶ際には内容をしっかりと確認しましょう。