不動産を売ることになった時に必要な書類の数々

この記事をシェアする
B!

不動産を売るときに用意しなくてはいけない書類はかなりの数ある

売ることが決まったら売却することを告知

売却するときまた時にまず不動産会社などの仲介業者に依頼をして持っている不動産の査定をしてもらう事から始まります。
この際には自分の希望する額をしっかり伝えて安易な妥協はしないようにしましょう。
ですので一軒の業者で決定してしまう事はなるべく避けて少なくとも数件から査定見積もりを取って業者を決定することにするのが正しいです。
そして納得できる価格の査定業者が見つかったらそこで初めて媒介契約を結んでいよいよ売却を開示します。
この際に不動産に関する情報は瑕疵の無いように正確に開示することが大切で後々買い手がついたときにもめないように注意しましょう。
売却を告知してからは買い手がつくまで待つ状態になりますので時間がかかりますがあわてずに待ちましょう。

買主が表れるまで待つことになる

売却を決定して仲介業者と媒介契約を交わしてからは売却を開示することになりますがそれからは買い手がつくまでひたすら待つことになりますので辛抱強く待ちましょう。
不動産はそう簡単に早い期間で買い手がつくものではないのでそれなりに待つという事も必要になります。
一般的には売却を開示してから買い手がつくまでには1~3ヶ月かかるといわれていますのである程度時間がかかることは頭に入れて売却活動を行いましょう。
そして仲介業者である不動産会社には定期的に進捗状況を報告する義務がありますのでその都度確認を取るようにしておくと良いです。
また購入をもし考えている人が現れた場合に内覧に訪れる可能性があるのできちんと室内の整理整頓や応対には十分注意しましょう。