不動産を売ることになった時に必要な書類の数々

この記事をシェアする
B!

不動産売却をするときにしなくてはいけない手続きとは

売買契約を交わすときに必要な書類が多い

そして買い手がついていざ売買契約となった時に事前に集めておかなくてはいけないのが各種住宅に関する書類の数々です。
まず身分証明書、実印、印鑑証明書、住民票、登記済権利書、固定資産税納税通知書、固定資産税評価証明書、さらにマンションではなく住宅の場合には土地測量図と境界確認書、建築確認済証と検査済証、工事記録書等、またマンションの場合は管理規約書類、使用細則書が必要になり、基本書類だけでもこれだけ揃えておく必要があり非常に手間がかかります。
この処理の準備にかなり時間を取られることになるので、売却活動を始めた時点で準備を始めておくのが良いと思います。
買主が付いたときに書類がそろっていないとスムーズに契約ができないことになるので書類関係は間違いなく事前にそろえておきましょう。

手順は自分でする手続きと他の手続きがある

そして売却の手順としてはまず仲介業者との媒介契約を筆頭にして売却情報の開示、買主との内覧や買い手が決まったら売買契約の締結、そして支払いと引き渡しといった手続きになってきますが、基本的に媒介契約を業者と結んでからは支払いまでは仲介業者に任せることになるので自分で行う必要はありません。
しかし内覧や買い手との顔合わせ、売買契約や引き渡しに関しては自分で行う作業になってきますので手続きをしっかり踏みましょう。
このように見ていくと不動産売却に関しては手続きそのものは流れに乗ってスムーズにいきますが、業者に任せるところと自分できちんと処理するところの線引きをしっかり理解しておく必要がありますので、しっかり確認しながら漏れの無いように行ってきましょう。